容姿に悩む人生とおさらば|福岡の美容外科で美しく変わる

末広型と平行型

看護師

プチ整形などで、多くの人が施術を希望するのが、二重整形です。特に最近では、メスを使わずに二重になれる「埋没法」と呼ばれる施術が人気であり、安さと手軽さから多くの支持を集めています。この埋没法と呼ばれる施術は、簡単にいえばまぶたの表と裏側を糸で数か所縫いとめ、まぶたに二重のラインを作る方法です。従来のメスを使う施術に比べると、針と糸を用いるだけなので患部の出血も少なく、腫れなどもすぐに収まるのが特徴です。日帰りで施術を受けられるので、多くの女性がエステなどへ行く感覚で気軽に施術を受けています。施術を受ければ、糊などを使わずに自然な二重になれるため、お化粧が非常に楽になります。しかしながら、この埋没法は永久に施術効果が持続するわけではないので、効果が切れた場合は再び施術を受ける必要があるでしょう。効果が持続する期間は、美容外科の腕次第です。福岡にある美容外科は、医師の腕も非常に優れているため、長期間綺麗な二重を保つことができるでしょう。

福岡にある美容外科は、患者さんに合った二重整形を行なってくれます。「末広型」や「平行型」といった形状に二重整形を行なうことができるので、自分の好みの形状を選んで施術してもらいましょう。福岡の美容外科が行なう末広型の施術とは、目頭から目尻にかけて目の幅が広がっていくタイプの施術です。日本人に最も多い二重であり、見た目が非常にナチュラルであるため、希望者が多いタイプとなります。対して平行型は、欧米人などによく見られる形状です。幅の広い二重となるため、目がぱっちりと綺麗に見られます。若い10代の女性が好む形状でもあります。福岡の美容外科では、目に「蒙古襞」があるかどうかで、この2つの内のどちらかの施術を選びます。蒙古襞とは、日本人の多くが持つ目頭の襞(ひだ)のことです。蒙古襞が発達している状態で平行型の整形を行なうと、二重の幅が広くなりすぎて不自然な印象を持たれてしまいます。美容外科では患者さんの要望に合わせてさまざまな施術を行なえますが、顔のタイプに合わない施術をすると、患者さんにとってもイメージとかけ離れた仕上がりとなります。施術を依頼する場合は、無理に自分の意見を通さず、専門家である医師の意見もしっかり聞いておきましょう。

TOP